えとうリウマチ整形外科 | 名古屋市中区のリウマチ専門医 関節リウマチ 変形性関節症

  • 052-953-6022
  • 名古屋市中区新栄町1-3 (日丸名古屋ビル8階)名古屋市中区新栄町1-3 (日丸名古屋ビル8階)

お知らせ

診療時間

診療時間 午前8:00~12:30/午後2:00~4:00 休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日/土曜日の初診の受付は12:30迄ですが、再診の受付は13:00迄行っております。診療時間 午前8:00~12:30/午後2:00~4:00 休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日/土曜日の初診の受付は12:30迄ですが、再診の受付は13:00迄行っております。

当院のご案内

当院の治療方針

患者様の症状をお聞きして、身体所見、検査を進めてゆき治療方針を決定いたします。
地域医療連携を大切にします。外科治療や緊急治療を必要とする場合には専門病院を紹介し適正な医療が常に受けられるように努めてまいります。
当院は名古屋の主要病院と連携していますので、ご希望の施設に紹介できます。

外来リハビリテーションとして、積極的な運動器リハビリテーションをおこないます。

診療科目

整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科
変形性関節症、関節性リウマチなどの関節疾患、変形性脊椎症、変形性頸椎症などの脊椎疾患、骨折、原因不明の疼痛性疾患などの保存的治療とリハビリテーション

初診の方へ

  • ・受診は基本的に予約制ですので、ご来院前のご予約をおすすめいたします。
    (※ご予約が無い場合、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。)
  • ・ご来院の際に以下の物をお持ち下さい。
    1. 保険証
    2. お持ちの方はお薬手帳
    3. 該当される方は各種医療証(後期高齢者医療受給証〔負担額の割合がわかるもの〕公費受給者証などその他)
  • ・受付にて問診票に記入いただき医師の診察となります。
  • ・以下の物もお持ちの方は、受付でご提出ください。
    1. 紹介状、レントゲン写真、CDなど
    2. 各病院、クリニックからの地域医療連携に基づいた診療情報提供書

予約について

受診は基本的に予約制です。
ご予約は受診時でも、電話でも受け付けております。
*予約が無い場合、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。
*緊急の患者さまがいらした場合に順番が前後する時がございます。

当院の基本情報

  • 住所:名古屋市中区新栄町1-3 日丸名古屋ビル8階 (交通案内
  • 電話:052-953-6022
  • FAX: 052-953-6044

リウマチ診療

えとうリウマチ整形外科のリウマチ診療の特徴

リウマチ治療は患者さまと医療者の「共にある生活」の中で治療しているのだという意識で、互いの信頼のもと、安心して関節リウマチ治療をおこなうことを基本コンセプトとしております。

  • ・予約外来とします 月曜午後はリウマチ専門外来(他の日時の診察予約も可能です)。
  • ・薬剤の副作用をおこしにくい方法を提供します。
  • ・早期に良くなることを目標にします(寛解といいます)。
  • ・発病して時間がたった関節リウマチの患者さんがおられますので、その方たちに光が当たる治療を目指します。

リウマチの薬による治療

中心となる薬剤はメソトレキサート(MTX)です。基本的にはステロイドは少量であること、メソトレキサート(MTX)効果不十分である場合は、生物学的製剤の投与を考慮します。どの生物学的製剤が良いかは、患者さんに十分な説明をおこないます。
リウマチの薬は、いろいろな副作用がありますので、医師・コメディカル・薬剤部・患者様に、「共にある治療」という心を持ちながら、コミュニケーションを大切にした薬剤指導をいたします。

手術療法

リウマチに対する人工関節手術は関節破壊による日常生活動作回復のために安全におこなわれるようになりました。より高い日常生活が出来ると考えられる場合には専門施設(独立行政法人名古屋医療センター等)を紹介いたします。

リハビリテーション

リウマチ患者さんは、疼痛軽減、可動域改善、筋力維持、運動機能改善などの目的で、リハビリテーションを続けることが大切です。リウマチ治療におけるリハビリテーションは痛みのある関節の拘縮を防ぐために毎日の訓練すること、サルコペニアといわれる筋萎縮を防ぐために最低どれだけの筋肉訓練をするかをきめて、おこなう必要があります。適時、必要に応じて指導いたします。

関節リウマチの地域医療連携

クリニックと専門病院の連携はとても大切です。専門病院医師とかりつけ医とリウマチ患者様が、いろいろな病状の局面で、信頼関係を持ちながら治療してゆき、あわてることなく、常にメリットがあるという発想(三方一両得?)で、連携を構築していきます。

医師の紹介

院長衛藤義人
関節リウマチ、変形性関節症治療のスペシャリストとして治療を続けてきた衛藤義人です。
今回、エスエル医療グループで開業するに当たり、整形外科の病気・外傷・つらい痛みなど、いろいろな悩みを持つ人々に対する治療を提供する施設として開設しましたので、ご利用いただけたら幸いです。
痛み・苦しみという問題を持った方々に、広く門戸を広げていますので、気軽に立ち寄ってください。お若い方もそうでない方も、病気はひとつのことだけが問題となることはありません。複雑な体と心の問題が、体全体の不調和を作り出すということが当たり前の時代となってきました。エスエル医療グループの別の科の先生方と協力しながら、患者様に健康で、質の高い生活を提供できるクリニックとして努力いたしておりますので、よろしくお願い申し上げます。
経歴
・東邦大学医学部卒業
・国立名古屋病院で臨床研修
・名古屋第二赤十字病院整形外科部長兼理学診療科部長
・一宮市立市民病院整形外科部長兼理学診療科部長
・独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(旧国立名古屋病院)整形外科部長、リウマチ科医長
・独立行政法人国立病院機構東名古屋病院副院長
・医療法人資生会八事病院副院長
資格
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・日本リウマチ学会指導医
留学
・厚生省から英国(エジンバラ大学)プリンセス マーガレット ローズ整形外科病院で、関節リウマチ治療について(Mr.Souter先生に師事)
・日本リウマチ協会欧州派遣フェローとしてスウェーデン ルンド大学で、人工関節手術について(Prof.Lidgren先生に師事)
専門とする疾患など
変形性関節性、関節リウマチなどの関節疾患、変形性脊椎症、変形性頸椎症などの脊椎疾患、原因不明の疼痛性疾患(その他すべての整形外科疾患について相談できます)

交通のご案内

電車でお越しの方
名古屋市営地下鉄(名城線・東山線)栄駅 5番出口より徒歩1分
名鉄瀬戸線 栄町駅より徒歩2分
お車でお越しの方
MAP・近隣駐車場情報はこちら
中日ビル・中区役所北向い 明治安田生命ビル東となりの日丸名古屋ビル8階です。

page top